豪雪地の考え方

建物を除雪管理し易く設計すること、また雪をポジティブに捉えることを大前提として、

「習慣を大切にした楽しい除雪」を共有したいと考えています。

また出来る限り「雪囲い板」を付けずに室内へ暖かい光を引込み、快適な室内環境を目指したいと考えています。

今までの建築作品の中に、雪囲い板を一枚も設置しない住宅がありますが、大切に除雪管理しているため雪害になっていません。

様々な豪雪ノウハウがあります。ワクワクする雪国建築の可能性を一緒に実現していきたいと考えます。

素材の考え方

雨の道や雪の吹込み等の自然条件を理解して、素材選定やディテール(納め方)検討を行いながら設計を行います。

「経年劣化を一日でも遅らせる設計こそが本質」であると考えています。

当たり前のことですが、デザインが先行せず本質を理解して素材を守るように、また互いに守り合うように納めます。

経年劣化ではなく「経年美化」という思想を共有し、メリットとデメリットを理解すると、自然と愛着が湧くものです。

一般常識のデメリットを「好み」に変える考え方を大切にしています。

建築の考え方

今まで手掛けた建築作品は、心から愛する子どものような存在です。

大きなコンセプトから詳細な納まりまで、魂を込めて設計します。

年間10棟以上の大きな会社に魅力を感じていません。

また低コスト住宅や高級住宅も目的としていません。

建築を通して、お客様と喜びを共有することが目的です。