豪雪地域の考え方

常に時代や背景に合わせた豪雪地域の建物のあり方を研究しています。

ただ手間をかけない、楽をできるということではない部分を話し合いたいと思っています。

除雪管理をデザインしていくことによって、もっと重要な「豪雪思想」をお客様と共有します。

豪雪に対して合理的かつデザイン性の良い建築を常に目指します。

木材の考え方

経年劣化ではなく経年美化という考え方で木材と向き合っています。

まず無垢材のメリットとデメリットを理解して頂き、愛着心の共有ができたときに選定して頂くようにしています。

素材の特性を理解することでより一層、一般常識のデメリットが「好み」に感じられると思います。

建築(仕事)の考え方

とにかく建築が好きです。

年間100棟以上の大きな会社に魅力を感じていません。

同時に低コスト住宅や高級住宅も目的としていません。

合理的や便利だけでなく、お客様の理想以上の提案とデザインの付加価値を追求し、

建築を通してお客様と喜びを共有することが目的です。